育毛剤にミノキシジルやフィナステリドが含まれていると副作用のリスクが少なからずあります。

MENU

育毛剤成分の副作用

薄毛や抜け毛などが気になってきたときに多くの人が使用を考える育毛剤
しかし、使用をしようと決めたときに心配になるのが副作用ですよね。例えば薬を使用したときに必ず副作用が起こらないことはない、というように、育毛剤にも副作用は存在するものなのでしょうか?

 

育毛剤の副作用

ドラッグストアで購入する育毛剤は医薬部外品か化粧品

ドラッグストアや通信販売などで購入する事が出来る育毛剤の多くは「医薬部外品」または「化粧品」という分類で販売されています。
医薬部外品と化粧品の分類の違いはどのようなものかと言うと、医薬部外品は薬と化粧品の中間のようなもので、厚生労働省に認可されている有効な成分が一定以上配合されているものを指します。薬よりも効果は緩やかになるものですが、購入時に医師の処方箋などの必要はありません。
医薬部外品は「薬用」と同じことなので、医薬部外品であっても薬用という名前がついて販売されているものもあります。
化粧品は医薬部外品よりも効果が出るのが緩やかなもので、直接的な効果や効能が認可されていません。一般的な化粧品と同様、魅力を増す為に使用されるもの、という分類になります。

 

ちなみに医師の処方箋で手に入れられる育毛剤は医薬品という分類になります。
医薬部外品、化粧品、医薬品のどれであっても基本的には副作用が起こりにくいものであるといえます。しかし、肌に直接付けるものですから、アレルギー体質の方や、乾燥肌や敏感肌など肌トラブルを起こしやすい方であると、頭皮の炎症などの副作用を起こす可能性があります。

 

また、男性用育毛剤には「ミノキシジル」や「フィナステリド」と言う成分が含まれているものがあり、場合によっては頭痛や吐き気など副作用や男性ホルモンのバランスを崩してしまうが起こる可能性があります。心配な場合はこれらの成分が配合されていない育毛剤を選んだほうがよいでしょう。

 

その他の副作用

一般的な副作用は上記に説明したとおり肌トラブルですが、その他にも下記のような副作用を起こす可能性があります。

 

抜け毛が増えた

育毛剤を使用した初期、おおよそ1~2ヶ月くらいは抜け毛が増える事があります。
これは育毛剤を使用したことでそれまで乱れていた育毛サイクルが正常になってきたときに起こる現象です。
抜けている毛はもともと毛根が弱っていたり毛が細くなっていたりするもので、抜けた後からは強くて太い髪の毛が生えてきます。厳密には副作用ではないのですが、抜け毛が増えたといって使用をやめるのではなく、今使用している育毛剤をそのまま継続して使用するようにしましょう。次第に抜け毛がおさまり、育毛剤の効果を実感する事が出来ます。ただし、3ヶ月以上たっても抜け毛がおさまらないようであれば病院を受診するようにしましょう。