トリートメントの成分を髪の毛にしっかり行き渡らせることが大切です。

MENU

効果的なヘアケア

美しい髪の女性

カラーやパーマなどで髪のダメージがひどい、という方というのは多いのではないでしょうか?美容院でダメージケアを行って髪をきれいに保つ、という方法もありますが、お金もかかってしまいますし美容院に行く時間をとらなくてはいけない、など、なかなか手間もかかってしまいますよね。

そこでここでは自宅で簡単に行う事が出来る効果的なヘアケアの方法をご紹介します。ぜひ試してみてくださいね。

 

コンディショナーとトリートメントの違い

コンディショナーとトリートメントの違いとは

シャンプーの後にコンディショナーとトリートメントどっちを行っていますか?
どちらも似たようなものであるという印象をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、実は性質が異なるものなのです。
コンディショナーとは髪の表面をケアするものです。要するに髪をサラサラにし、手触りを良くする成分が配合されているものです。トリートメントは髪の毛の内側に浸透させ、髪の毛を補修する成分が入っているので、髪のダメージをケアするのであればトリートメントとコンディショナーと両方併用し、表面も内側もヘアケアするようにしましょう。
トリートメントは様々な種類が販売されています。カラーヘアの補修や、髪の毛のクセに合わせたヘアケア製品であったりするので、自分に合ったトリートメントを選ぶようにしましょう。

 

トリートメントの使い方

トリートメントには髪が乾いているときに使用するものと髪がぬれている状態で使用するものがありますので、まずは使用方法を良く確認してから使用するようにしましょう。
ぬれた髪に使用する場合、髪の毛に水分が多く付いている状態で使用するとトリートメント剤の油分が髪の毛に浸透する前にはじけてしまったり、水によって流れてしまったりするので、タオルできちんと水分をとってから使用するようにしましょう。

 

トリートメント剤をダメージのひどいところに適量つけたあとは、目の粗いクシで梳かしてトリートメントを髪にしっかり行き渡らせましょう。目の細いクシを使用してしまうとトリートメント剤をクシが取ってしまいます。
その後はトリートメントをつけた場所を手で握り、髪に浸透させやすくすると効果的です。

 

ホットトリートメントをする

トリートメントは使用した後すぐに流すのではなく、10~15分ほど放置してトリートメントの成分を髪の毛にしっかり行き渡らせる事が大切です。その際、蒸しタオルなど熱いタオルを使って髪を包み込むとよりトリートメントの効果を得る事が出来ます。

 

その後、シャワーでトリートメントを流すのですが、若干トリートメントが残る程度にするのがポイントです。
その後はしっかりドライヤーで髪を乾かしましょう。きちんとブローしないと髪が痛んでしまうのでトリートメントの効果を得る事ができなくなります。