FAGAは閉経後の女性が発症しやすい脱毛症のことです。

MENU

抜け毛や薄毛になってしまう原因

 

抜け毛や薄毛、といえば一昔前は男性だけの悩みという印象でしたが、近年、女性でも抜け毛や薄毛に悩んでいる人が多く居ます。
なぜ女性が抜け毛や薄毛に悩むようになってしまったのでしょうか?その原因についてご紹介します。

 

抜け毛に悩む女性

 

びまん性脱毛症

「びまん性脱毛症」は女性の抜け毛の中で最も多い症状です。
びまん性脱毛症の症状は、髪の分け目が目立つ、全体的に頭皮が薄くなる、などといった症状です。

 

なぜこのような症状になるかと言うと、年齢を重ねることで起こるホルモンバランスの乱れやストレスや生活習慣の乱れなどにより起こります。

 

特にダイエットしている女性は食事制限を行う人が多く、それによって栄養不足になってしまい、髪にまで栄養が届かなくなってしまったり、基礎代謝が悪くなってしまい、血行不良になって薄毛になってしまう事があります。

 

特に近年流行り始めた炭水化物ダイエットにより、育毛に必要なタンパク質が少なくなったり、基礎代謝に必要なアミノ酸が不足しまったりして、薄毛になってしまう事があります。

 

FAGA

FAGAとは「Female Androgenetic Alopecia」の略で、日本語で「女性の男性型脱毛症」の事を言います。

 

このFAGAは閉経後の女性がなりやすい脱毛症で、閉経することでホルモンバランスが急激に変化してしまい、男性ホルモンが女性ホルモンよりも優位になってしまうことによって起こってしまうといわれています。
FAGAの薄毛の特徴は、男性のように額の生え際が薄くなってしまったり、側頭部が薄くなってしまうという症状があります。

 

FAGAは女性ホルモンの分泌が少なくなってしまう事により、男性ホルモンが増えてしまうことで発症するので、閉経している女性だけでなく、ストレスや年齢を重ねることで起こることもあります。

 

若年性脱毛症

近年はヘアカラー、ヘアダイ、パーマなどを行う人が多いため、髪の毛にダメージを与えてしまい、抜け毛が増えてしまう脱毛症が増えています。
カラーやパーマを行ったときには、頭皮や髪の毛を十分にケアしてあげるようにしましょう。

 

遺伝によるもの

例えば自分の父親や親戚の男性、母親や新式の女性に薄毛の人が居る場合、男性型脱毛症であるFAGAを発症しやすい可能性があります。
しかし、きちんとしたケアをする事で薄毛や抜け毛を防ぐ事は可能です。